2019年1月現在、矯正相談の新規受け入れを一時中止しています。
(現在治療中の方は、今後も継続して治療を行います)
















小児期における口の中は、乳歯から永久歯へと変化します。歯自体もまだやわらかいため、虫歯にと

てもなりやすいのです。そのため“つめる、かぶせる” だけの治療を行っても、またすぐに新たな虫

歯ができます。本当の意味での治療とは、虫歯の原因を取り除くこと…つまり、予防こそが小児歯科

のめざすものです。一生自分の歯でよくかんで健康で幸せにすごせるように一緒にがんばりましょう。

「虫歯予防を親子でがんばってもらいたい」そんな気持ちで“カンガ

ルー会” と名付けました。お子さん、お母さんを応援するため、定期

健診を担当制(歯科衛生士による主治医制)で行っています。お子さ

ん一人ひとりを見つめ、成長と発達に関わり、一緒に健康を守ってい

きたいと思っています。長いお付き合いができることを楽しみにして

います。


検診内容

むし歯のチェック

歯列のチェック

ハグキのチェック

バイキンケンサ

着色・歯石除去などのクリーニング

予防処置(フッ素塗布など)

レントゲン撮影(必要に応じて)

「ハミガキはよくしているのに虫歯になる」そんな経験はありません

か?子どもの虫歯の大部分は日常生活(生活習慣や食習慣)の中にあ

ります。日常生活にちょっとした工夫、変化を与えるだけで虫歯予防

ができるかもしれません。母親教室ではそんなヒントをつかんでもら

い、虫歯予防への道を歩んでもらいたいと思っています。